DVは暴力だけではありません。

身体的、経済的、社会的、精神的、性的な暴力が含まれます。

 

DVは一度では終わらない、

DV加害者にDVを行ったという自覚がほぼ無い

(治る・更生する可能性が低い)、

 

と言う事を理解すべきです。

これはDVじゃないよね・・・とかたまたま機嫌が悪かっただけで済ますと

後々大変な事に発展する場合が多いです。

 

スポンサードリンク

 

 

一度DVが発動したら一定のサイクルでまた起こる

 

DVには3つのサイクルがあります。

DVにおける3つのサイクル

蓄積期/夫(彼)のイライラが募り、ピークに達する。

爆発期/夫(彼)の暴力等のDVが激しくなる。

安定期/夫(彼)が元に戻ったように優しくなる。 ⇒ 暫くして蓄積期へ

 

だから一度きりで終わるということはほとんどなく、

サイクルの期間に差はあれど繰り返されます。

そしてほとんどの場合DVの内容がエスカレートします。

 

最初はちょっとどなるだけだった、

次は平手打ちが来た、

次は理解できない理不尽な要求が増えるようになった、

毎日恐怖に怯えるようになり、

最終的には命の危険を感じるようになるなどです。

 

それをたまたま夫が機嫌が悪かっただけで済ませると

被害者の受ける傷も大きくなり、

どんどん身動きが取れなくなります。

 

まずは自分がDVを受けているのだと言う事を自覚します。

そのうえでどう行動を取ったらいいのかを理解することが大事です。