DV被害に遭っていると自覚しても、

なかなか周囲には相談出来ないもの。

中にはもう両親が他界していて頼れる身内がいない方もいるでしょう。

友人やご近所には恥ずかしい気持ちがあり相談しにくい・・・。

 

こんな時はDV相談窓口を利用しましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

DV相談窓口は匿名でも相談出来る

 

DV被害の相談をすることのメリットは

 

・話す事で気持ちが軽くなる(重要)

・どうすべきか具体的な提案もしてくれる

 

と言う点です。

DV相談が出来る窓口

・配偶者暴力相談支援センター(暴力全般に関する相談)/PDF

・女性センター(DV含む女性の悩み相談)※内閣府HP

・各自治体の相談窓口(××県 相談窓口などで検索)

・各都道府県警察や交番(命の危険を感じた場合)

※警察への相談は地域によって対応がまちまちなため、

親身に相談に乗ってくれる所とそうでない所との温度差があります。

 

直接出向いて具体的な相談をしたり、

地自体の相談窓口などは匿名で相談したい時は電話でも話せます。

緊急性がある時は警察や配偶者暴力相談支援センターなどが有効です。

 

相談する時は具体的な状況を聞かれると思うので、

ここは嘘を付かず事実を述べます。

その方が具体的なアドバイスも頂けます。