DVとはドメスティック・バイオレンスのこと、

と言うのは大体の方がご存じだと思います。

 

では何をすればDVに該当するのかを記載したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

必ずしも暴力ばかりがDVでは無い

 

一般的に夫やパートナーから暴力を受けたらDVと思う事が多いと思います。

ですがそればかりでなく、

暴力は当然ですが暴言、経済的制裁、精神的抑圧、性的暴力なども該当します。

また結婚しているかどうかは関係ありません。

 

夫婦間のものと思われがちですが

付き合っている段階でも上記の行為があればDVと言えます。

細かく記載すれば

 

・殴る、蹴る、暴力を振るい怪我をさせる(身体的暴力)

・交友関係を制限する、狭める(いざという時の逃げ場を無くさせる)

・外出をさせない(行動の制限)

・お金を自由にさせない/生活費を渡さない(経済的制裁)

・行動を監視する(社会的暴力)

・言葉や凶器で脅す(精神的抑圧)

 

こういったものもDVです。

基準は恐怖を感じるかどうかだと思います。

私は上記全てを経験しましたが、他には

 

・季節や時間に関係なくお金&携帯も無い状態で外に閉め出される

・部屋に閉じ込められる

・延々と大掃除並みの掃除をさせられる

・早朝&深夜も関係なく叩き起こされる

・俺のために働けと言いながら働く邪魔をする

・働く先も自由に選べない

・無理難題を押し付けられる

 

などがありました。

 

 

驚くべきは数人に一人の割合で被害に遭っている現実

 

DV被害に遭っていると人に話すのは恥ずかしいと思います。

だから表立って出ないだけで、

三人に一人程度はDV被害に遭い、

更には数十人に一人の割合で生命の危機を感じるほど

危険な目に遭わされているという報告もあるようです。

 

DVは一般的には男性から女性へ行う場合が多いですが、

女性⇒男性という逆のパターンも稀にあります。

 

 

こんな人間は要注意!DV予備群です

 

・徐々に交友関係を狭めて自分としか付き合わせないようにする

・人前でわざとパートナーを悪く言う

・瞬間的に普段ない怒りや暴力を見せる

 

挙げたらキリがありませんが、

私の経験上、上記3つはDV予備群と見てまず間違いありません。

今思えば私の夫は驚くほどDVの傾向に当てはまっていました。